引っ越しが楽になる手続きリスト!大事な11個をリストアップしました

生活

突然ですが、あなたは引っ越しのときに必要な手続きって何があるか、ご存知ですか?

そうなんですよね~。
引っ越しってそんなに頻繁にしないですし、必要な手続きを知らないと困りますよね。
そこで私は、手続きをリストアップして頭を整理しながら、引っ越し手続きをすることで解決することができました。

この記事では、そんなあなたに、引っ越しの手続きリストをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

小学校を転校する場合の手続き

引っ越しするときは、やはり気がかりになるのはお子さんの小学校の転校手続きではないでしょうか?お子さんの為にも確実に手続きしていきたいところですよね。

小学校の転校の手続きは、転校先によって変わります。2つに分けて必要な手続きと順番を説明しますね。

転校先が同じ市内のとき

まず、引っ越しが分かり次第、現在通っている小学校へ連絡をいれましょう。

そうすると、新住所や転校先を聞かれます。そして在学証明書、教科書給与証明書を発行してもらってくださいね。

引っ越しの手続きのときに後日、役所に行くことになりますが、転居届けを出す時に、在学証明書を役所に提出しましょう。そうすると役所で転入学通知書を発行してもらうことができます。

最後に以上の3つの書類を、転入先の学校に提出すれば、手続きは完了です。今ご説明した書類をまとめると以下の3つになります。

・在学証明書
・教科書給与証明書
・転入学通知書

転校先が市外・県外のとき

まず、学校に連絡をいれ、現在通っている小学校で在学証明書、教科書給与証明書を発行してもらいましょう。そして引っ越しの時に転出届を出します。

次の手続きは引越し後です。引っ越して、転入届を出す時に、同時に新たな住所の住民票を交付してもらいましょう。そしてその足で、在学証明書、新しい住民票を担当の窓口に提出します。

そうすると、転入学通知書を発行してもらうことができます。最後に転入先の学校へ後日必要書類を提出すれば手続きは完了です。

今ご説明した書類をまとめると以下の3つになります。

・在学証明書
・教科書給与証明書
・転入学通知書
・引越し先の住所の住民票(これは学校には提出しません。)

転校手続きのワンポイント

手続きのポイントとして、必要書類を用意するのに時間がかかったりすることもあるので、前もって動くことをオススメします。

引越しが分かり次第、担任の先生に転校のことを知らせるとスムーズに手続きできますよ。

リストにすると目にみえてやることがわかるので、とても手続きしやすくなります。手続きの順なども書き出してみるとわかりやすいですよ。

そして、転入先の学校には、一度電話してみましょう。これにはちゃんと理由があるんです!
転入先の学校によっては、教科書が違うものだったり、授業の進み具合が違っていることもあります。

あらかじめ電話で、挨拶と一緒に教科書のことなど質問があれば聞いてみましょう。色々と教えてくれる学校もあります。

私はあらかじめ情報を聞いておくことで、転校する際、安心して子供を学校に送り出すことができました。

学校によっては、転校前に、学校内を案内してくれるところもあります。長期休みのときなどは割と柔軟に対応してくれました。

お母さんが安心して学校に送り出すことができれば、お子さんも新しい学校生活に馴染みやすいですよね。

住民票の異動は必須!忘れると後々厄介!

住民票の異動はとても大切な手続きです。
「ただ住所を異動しなかっただけで、そんなに厄介になるの?」と思っていませんか?

住民票は、引っ越し後14日以内に手続きをしましょう。しかもこれは法律で決まっていることなので、例外はありますが、14日以内に手続きしないと罰金になる場合があることを知っていますか?

スポンサードリンク

それだけじゃなく、選挙権、国民年金、国民健康保険、納税などいろいろなことに影響がでてくるんです。引っ越し作業で色々と忙しいとは思いますが、住民票は引っ越しの際には、異動してくださいね。

引っ越しですることリスト!時系列順にご紹介!

引っ越しをする時には、なかなか大量の手続きがありますよね。それらを時系列でリストアップいきますね。

引っ越し10日前までにすることリスト

・郵便物の転送届け
・固定電話の移設手続きなど

引っ越し1週間前までにすることリスト

・転出届け(他の市区町村への引っ越しのとき)
この時、役所で転出証明書が発行されますが、引っ越し先の役所に提出するので、なくさないように注意してくださいね。

・国民健康保険の資格喪失手続き
・児童手当の変更手続き
・電気/ガス/水道の使用停止、開始手続き

引越し後2週間以内にすることリスト

・転入届け(転出証明書を忘れずにもっていきましょう。)
・転校手続き
・運転免許の住所変更

まとめ

色々な手続きがありますよね。あなたも、今回ご紹介したリストを参考に、自分合ったリストを作ってみてはどうでしょうか?

引っ越しは大変ですが、その先には新生活が待っていますので、楽しい気持ちで引っ越しができるといいですね。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました