めっちゃすぐれもの!キーボード最上列F1~F12キーの使い方教えます。

パソコン

パソコンを使い慣れてきてもなかなかキーボード全種類を押すことはないと思います。

「あるのは知っているけど何かは知らない」そんなキーがありませんか?キーボードの上のほうに並ぶ「F」のついた数字達。

「気になるけど、押したら壊れない?」「分からない機能が出てきたらどうしよう!」そう思ってなんとなく触らずにそのまんま…。

もったいないです。意外と便利な機能が隠れています。そんな知っている人が得をする「F1」~「F12」までを、この記事では一気に解説いたします。

Windowsの場合でご紹介していますが、OSの種類によっては違う動きをするかもしれません。

スポンサードリンク

「F1」~「F12」そもそも何て読む?

この「F」という部分のついたキーはどれも「ファンクションキー」と呼びます。

左下にある「Fn」もファンクションキー…名前がかぶっていますね。分かりやすくするために「F」の数字を「ファンクションキー」「Fn」を「エフエヌキー」と読む事も多いです。

では1つずつ見て行きましょう。

まずは「F1」~「F5」までをご紹介

「F1」~「F5」までは機能の呼び出しに関係してきます。まずは「F1」これはいつでも押せます。

開いているソフトの「ヘルプを表示」します。デスクトップの場合はWindowsのヘルプを表示してくれます。

「F2」これはファイルやフォルダを選択した後に押すと「ファイル(もしくはフォルダ)の名前変更」を行えます。

通常では名前を変えたいファイルを選択した後、右クリックして「名前の変更」を押しますが、この作業が短縮されます。

「F3」デスクトップ上で押すと、「ファイルの検索」画面が開きます。基本的に他で押しても何も起こりません。

「F4」InternetExplorerを開いた状態で押すと「アドレスバーを表示」します。しかしFireFoxでは何も起こりませんでした。他のブラウザでも機能しない可能性が高いです。

「F5」Internetexplorerで押すと「ページを更新」します。FireFoxでも同じページの更新ができました。しかしWordで押すと「検索と置換」の項目が開きます。

Excelだと「ジャンプ」が開きました。意外とソフトウェアによって違う動作をするようです。

「F6」~「F10」は文字入力に使う!タイプスピードアップにおすすめ

「F6」~「F10」は文字入力に関係するキーです。覚えておくとスムーズな入力に繋がるのでぜひ使ってみてください。

  • 「F6」入力中の文字を「全てひらがな」に変換
    「あいうえお」→「あいうえお」
  • 「F7」入力中の文字を「全角カタカナ」に変換
    「あいうえお」→「アイウエオ」
  • 「F8」入力中の文字を「半角カタカナ」に変換。
    「あいうえお」→「アイウエオ」
  • 「F9」入力中の文字を「全角アルファベット」に変換。
    「あいうえお」→「aiueo」
  • 「F10」入力中の文字を「半角アルファベット」に変換。
    「あいうえお」→「aiueo」

どれも何度か押すと一部ずつ変換場所が変わってきます。

「F6」~「F8」は一文字ずつひらがなとカタカナが混ざっていきますが、全角か半角かは変わりません。

「F7」の場合「あいうえお」→「アイウエオ」→「アイウエお」→「アイウえお」と行ったように順に変わっていきます。

「F9」「F10」は頭が大文字になるか、全て大文字になるか(もしくは小文字になるか)の違いで、押すたびに変わっていきます。

変換したい文字列になったところで「Enter」キーを押して決定してください。

ソフトによって動きが変わる?!「F11」と「F12」の機能について

最後の2つになりました。この2つは特に押したときに開いているソフトによって違う印象です。代表的な機能を見て行きましょう。

「F11」開いているウィンドウの「全画面表示」を行います。もう一度押すと戻ります。インターネットブラウザと、ファイルやフォルダなどには有効ですが、Wordやメモ帳には効きません。

スポンサードリンク

Excelにおいては「グラフツール」が開き、グラフが追加されます。

「あれ?全画面にならないな」と思ってたくさんの押すと「グラフシート」がたくさん追加されていた、という事があった思い出のキーです。音も無く増えていました。

「F12」こちらはWordやExcelなどのOfficeソフトにおいて有効です。「名前をつけて保存」が開きます。

インターネットブラウザで押すとHtmlが書かれている「ページのソース」が画面下半分に出てきます。

見慣れていないとぎょっとしますが、右上の「×」でそっと閉じれば問題ありません。デスクトップやフォルダを開いた時には何も起こりませんでした。

まとめ

いかがでしたか?たくさんあるFキーですが、場所によって動きが変わる物もありましたね。

ソフトによって独自に割り振っている機能がありそうなので、良く使うソフトで押してみると便利な機能が見つかるかもしれません。

私のオススメは「F2」。文字入力関係ももちろん便利ですが、ファイルの名前変更は地味ながらよく活躍しています。

クリックしたらすぐ「F2」、右クリックした後の項目を押し間違えてしまう事がありましたが、「F2」を覚えると間違えが防げるのでオススメですよ。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました